南光公式ブログ 公式Instagram

自己資金が少ない人にも朗報!住宅ローンはどこまで組み込むことができますか?

2022/01/13(木) 南光公式ブログ

こんにちは。
徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

弊社では、住宅ローンに関して知見のあるスタッフが在籍していることもあり、住宅ローンに関するあらゆるご相談が寄せられます。
その中でも今回は、「住宅ローンの範囲は、どこまでですか?」という疑問にお答えしたいと思います。

 

■以前より、住宅ローンに組み込める物が増えた!
まず知っておいていただきたいのは、以前は家具家電の中でも、エアコンぐらいしか住宅ローンに組み込むことができませんでした。ですが現在では、家具家電を住宅ローンに含むことのできる銀行が増えてきているということです。
これは、新居に新しい家具家電をそろえたいけれど、自己資金が少ない方にとっては朗報ですね♪
さらに、引っ越し代をローンに含むこともできますので、詳しくはご相談ください。

 

■住宅ローンの実行までにかかる費用は、一時的に自分で払わないといけない
次に、気を付けていただきたい点です。
住宅ローンを実行するまでには、手付金や印紙代、住民票などの発行手数料などが必要です。
これらの費用は、自分で用意する必要がありますが、手付金に関しては、ゼロにすることが可能な場合も…。
また、一時的に支払っておいた手付金も、住宅ローンに組み込んでおけば、実行後に手付金分が返ってくるようにローンを組むことができる場合もあります。

 

こうした情報をお届けすると、「住宅ローンって、何でも組み込めて便利!」と思われます。
ですが気を付けていただきたいのは、あまりにもたくさん住宅ローンに組み込んでしまうと、その分返済額が増え、返済が大変になってしまう可能性もあるということです。
返済額と、自分たちがどこまでやりたいかのバランスを考え、お家を建てる前に資金計画をしっかりと組んでおきましょう。

 

1ページ (全82ページ中)