スタッフブログ

南光公式ブログ 公式Instagram

家の屋根にも種類があるって知っていましたか?|コロニアルグラッサ・ガルバリウム鋼板

2020/12/17(木) 南光公式ブログ

こんにちは。
徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

今回は建物の外観、その中でも特に「屋根」についてのお話をしたいと思います。

愛媛県や徳島県は、瀬戸内海に面した比較的穏やかな気候の場所なので、特に「こうしなければいけない」といったセオリーはありません。逆に北海道などの雪国は、屋根の勾配を急にし、雪が積もりづらい設計にした上で、熱伝導がよく雪が溶けやすい素材を選ぶ必要があります。

弊社が採用している屋根の種類は主に2種類。

一つ目は「コロニアルグラッサ」という、セメント系の軽い材質の屋根素材です。
陶器瓦と比べると軽いため、地震が起きた際に揺れが少ないため、安心できます。

 

もう一つは、「ガルバリウム鋼板」という金属系の素材。こちらもコロニアルグラッサと同様、軽く地震の際のリスクが低いのが特徴です。

 

どちらも軽い屋根ですが、キューブ型の外観など屋根をフラットなデザインにするなら、ガルバリウム鋼板を使用します。傾斜のある屋根なら、コロニアルグラッサとガルバリウム鋼板の両方使えるなど、デザインによって使える場合と使えない場合があります。

 

シンプルやかわいい外観がお好きな方は、コロニアルグラッサ、かっこいい外観にしたい方はガルバリウム鋼板など、最終的には外観のイメージに合わせて選ばれる方が多いようです。

また和風なお家にしたい方、カントリー調のデザインがお好きな方や、重厚感を出したい方は、陶器瓦を使われることも。
最終的には、お客様の好みですが、選ばれる際にはそれぞれの特徴を知っておくと、選択の一助になるのではないでしょうか。わからないことがあれば、ご遠慮なくご相談くださいね。

 

記事一覧

1ページ (全60ページ中)

ページトップへ