スタッフブログ

テクノストラクチャーの家は、暴風にも強いんです!

2019/08/08(木) 南光公式ブログ

こんにちは。

徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

 

テクノストラクチャーの家は、「地震に強い」というイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、実は暴風にもとても強いのです。

家は、住宅の品質確保の促進等に関する法律によって、住宅の構造の安定に関するさまざまな基準が設けられています。

その中で、耐震に関する基準、「耐震等級」に関しては、家づくりを検討されている方は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

この法律には、耐震等級の他にも、耐風等級、耐雪等級などの基準があります。

今回はその中でも、耐風等級についてお話ししたいと思います。

耐風等級とは、暴風に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさ及び、構造躯体の損傷(大規模な修復工事を要する程度の著しい損傷)の生じにくさを表わしています。

つまり、暴風が吹いた場合の、家の壊れにくさを2段階の等級で分けているのです。

耐風等級の基準は・・・

等級1

極めて稀に発生する暴風(500年に一度程度)に対して、倒壊・崩壊等せず、50年に一度程度発生する暴風に対して、損傷を生じない程度。

 

等級2

極めて稀に発生する暴風(500年に一度程度)の1.2倍の力に対して、倒壊・崩壊等せず、50年に一度程度発生する暴風の1.2倍程の力に対して損傷を生じない程度。

この中の基準でいいますと、テクノストラクチャーの家は、耐風等級2相当の強さを持つ家です。

50年に一度、200年に一度といわれると、あまり実感は持てないかもしれませんが、いざという時に、ご自身やご家族を守ることができ、安心して暮らしていただけますよ♪

 

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ