スタッフブログ

南光公式ブログ 公式Instagram

みんなが気になるお金の話|ご両親からの資金援助で家を建てる方法

2021/07/27(火) 南光公式ブログ

こんにちは。
徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

「家を建てたい」とお考えの方が、まず気になるのは、やはりお金の話ですよね。

ローンは、いくらまで通るの?どこで組むのがお得?といった話や、頭金や諸費用のことなど、その内容はさまざまですが、大切なお金を有意義に使いたいという思いは、皆さん同じです。

 

そんなお金についての話の中で、皆さんがあまりご存じないのが、家を建てるにあたって、ご両親など、身内からの資金援助を受ける場合、税金が非課税になるケースがある、ということです。

普通は、年間で110万円を超える譲渡は、身内であっても贈与税がかかります。
しかし、家を建てる場合の資金援助としてなら、申請を出せば、1000万円までの金額の譲渡が可能です。
建てる家が、省エネ基準を満たしているのであれば、さらに金額は増え、1500万円までが非課税となります。

住宅購入のための1000万円もしくは1500万円の贈与と、年間の贈与上限額、110万円はどちらも受け取れるので、最大で「1610万円までなら、非課税で受け取れる」ということになります。

 

一般的な相続や贈与で相続をするよりも、税金が掛からない分お得になるので、将来的に資産をご家族に譲りたいのであれば、家を建てる際に譲渡するのも、一つの方法です。

家の購入は、多くの方にとって、一世一代のお買い物になります。
購入する当事者の、ご契約者さまだけでなく、ご家族の皆さまの、応援やサポートがあると、新しい暮らしも、より前向きにスタートできそうですね。

 

詳しくは、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税、として、国税庁のホームページにも載されていますので、確認してみて下さいね。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm

記事一覧|2021年7月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ