スタッフブログ

南光公式ブログ 公式Instagram

ご両親との同居|二世帯住宅がいい?敷地内別居がいい?

2022/09/20(火) 南光公式ブログ

こんにちは。
徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

9月19日は敬老の日でしたね。
皆さんも、敬老の日のお祝いなどされたでしょうか?

徳島や香川では、ご両親が土地をお持ちだったり、ご実家の敷地が広いことも多く、将来的なことも考えて二世帯住宅や、敷地内別居で家を建てる方もいらっしゃいます。

どちらの場合も、シニアの方だけでなく、お子さまが安全に暮らすためにも、バリアフリーのお家にすることがおすすめです。

 

例えば、玄関の段差。
玄関は、大体のご家庭で小上がりになっていますが、アメリカンスタイルのように、玄関部分をフラットにすることもできます。玄関に段差がないと、車イスの出入りがとてもスムーズですし、段差でつまずいて転倒するリスクも防げます。

 

階段の手すりは、最初は不要かもしれませんが、後々欲しくなる設備です。
最初から手すりを取り付ける方法もありますが、後から取り付けたい場合に備えて、下地だけ壁の中に入れておいてもいいですよ

その他の工夫としては、トイレも車いすごと入れるように間口を広く、中も少し広めにしたり、お風呂に手すりを付けたりする方もいらっしゃいます。

 

考え方としては、お家の中を全体的にフラットな造りにすると、転倒などのリスクは減りますが、足腰が弱くなってしまうことを危惧される方も。
そこで、敢えて小上がりなどで段差をつけて、ある程度お家の中でも体を動かせるようにご提案することもあります。

二世帯住宅など、シニアの方と暮らすことを想定されている方だけでなく、ご自身の将来も見据えて、バリアフリーのお家を検討されてはいかがでしょうか

記事一覧

1ページ (全80ページ中)

ページトップへ