南光公式ブログ 公式Instagram

色選びや素材によって変わる、外観デザインについて

2022/10/04(火) 南光公式ブログ

こんにちは。
徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

お家の中でも外観は、選ぶ色や素材によって、注意すべきポイントがあります。
そこで今回は、外観の色や素材についての情報をまとめてみました。

 

◆最近の流行色「黒」
ここ数年、黒を基調としたかっこいい外観が人気です。
お客さまからもご要望が多いのですが、蜘蛛の巣が目立ちやすい点には気を付ける必要があります。具体的には、蜘蛛は雨が降る前に巣を張る特性がありますので、雨の前後に蜘蛛の巣ができていないか確認しましょう。(雨が降ると、軒下に虫が逃げてくるので、それを捕まえようと蜘蛛は巣を張ります。)
また、鳥の糞も目立ちやすいので、定期的に見回ってください。

 

◆実は汚れが目立ちにくい?「白」
お客さまから、「白い外観は汚れが目立ちやすいですか?」と聞かれることもありますが、最近の外壁は性能がよくなっているため、実はあまり汚れが目立ちません。
南光で使用している外壁材は、雨水を利用して汚れを落とすようになっています。
ただし、北側など太陽の日差しが入りづらい部分は、コケが生えることもあります。

◆汚れが目立ちにくい色は?
汚れが目立ちにくい色としておすすめなのが、グレーの外壁材です。
その他にもレンガのような素材も汚れが目立ちにくいので、汚れが特に気になる方は上手に取り入れてください。
ただし、どの色も昔と比較すると汚れづらいので、あまり神経質にならなくても良いかな?とも思います。

◆おしゃれさんに人気の「ガルバリウム鋼板」
こだわりのある方や、シンプル系が好みの方に人気のガルバリウム鋼板を使った外壁ですが、ボールなどの衝撃で凹んでしまう可能性があります。そして凹みを修理する時は、上から下まで一つなぎになっているため、全面張り替えなくてはならないことも。
ガルバリウムを突き破っていない凹みなら、そのままでも性能には問題がないのですが、見た目が気になる場合は、足場を組んでの大掛かりなリフォームとなります。

今回は、気を付けていただきたいポイントを中心にご紹介しました。
外壁の色は、玄関やバルコニーなどの凹凸のある部分だけ木目を入れるなど、ツートンカラーでアクセントを入れると、よりおしゃれな雰囲気に仕上がります。
弊社では、二色までは標準でお選びいただけますので、気軽にお好みの外観になりますよ♪

1ページ (全82ページ中)