スタッフブログ

私たちがご提案するPanasonicテクノストラクチャー工法とは

2019/07/16(火) 南光公式ブログ

こんにちは。

徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

 

家を建てる時には、さまざまな工法がありますが、南光ではPanasonicテクノストラクチャー工法と木造軸組工法の2種類を主に採用しています。

どちらもそれぞれに利点がある工法ですが、その違いを知っていただくために、今回はPanasonicテクノストラクチャー工法についてのお話しです。

Panasonicテクノストラクチャー工法とは?

テクノストラクチャー工法とは、木造の梁と結合部をオリジナル部材で強化した耐震工法です。
独自の構造計算システムを採用し、一棟一棟にシミュレーションを行っています。

テクノストラクチャー工法のココがスゴイ!

■強固な構造部材 

テクノストラクチャーは、構造部材の強度・品質にこだわっています。
金具一つに至るまで、細かな仕様があるのです。最大の特徴としては、家を支える梁に、鉄と木の複合梁「テクノビーム」を用いたところ。
長期にわたる荷重にも「たわみ」がほとんど進行しません。

 

 

■綿密な構造計算 

住宅の耐震診断は、建てた後で行っても手遅れです。
テクノストラクチャー工法では、一棟一棟の構造計算(災害シミュレーション)を「建てる前」の段階で行います。
全388項目全てをクリアした住宅だけ建設されるシステムで、ご家族の安全をサポート!

■確かな施工品質

テクノストラクチャーが特に重視しているのが、施工品質です。
構造計算や部材がいかに優秀であっても、施工品質が保たれなければ、意味がありません。
テクノストラクチャー工法を実施できるのは、Panasonicビルダーズグループのハウスビルダーに限定されています。
当社も所定の研修を終了し、Panasonicビルダーズグループに加盟しています。

 

■次世代省エネ基準対応

テクノストラクチャーは、家全体を次世代省エネルギー基準の高い断熱性能としています。
高断熱の家は、夏の暑さ、冬の寒さをシャットアウトし、年間を通して快適な住まいに。
エネルギー消費量も抑えられ、家計にも地球環境にもエコな暮らしが可能です。

テクノストラクチャー工法は、より高い耐震性と強度にこだわった住宅です。
お住まいになるご家族の安心と安全をご提供する、テクノストラクチャー工法のお家は、「阿南市ZEHのモデルハウス」で実際にご体感いただけます♪

 

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ