南光公式ブログ 公式Instagram

住宅ローンは何年で組むのがいい?繰り上げ返済はするべき?

2022/09/29(木) 南光公式ブログ

こんにちは。
徳島・香川でお客様のココロを満たす注文住宅を建てている南光です。

お家づくりの中でも悩まれるものの一つ、「住宅ローン」
お客さまからもたくさんご質問をいただくのですが、その中でも特に多いのが「ローンを組む期間」「繰り上げ返済」についてです。
そこで今回は、住宅ローンについての皆さまの疑問についてご紹介したいと思います。

 

◆住宅ローンは何年で組むのがベスト?
住宅ローンといえば、35年のイメージがあるかもしれませんが、実は10~40年と幅広い年数で組んでいただくことができます
短い期間のローンなら、返済は早く終わる反面、借入額が少なくなる、月々の返済額が上がってしまうというデメリットも。
多くの方は、住宅ローンの完済を65歳(定年年齢)に設定され、そこから今の年齢を引かれた年数を住宅ローンの期間として設定されます。例えば、30歳で購入されるなら、65歳の定年まで35年あるので、35年ローンならお仕事をされている期間に、住宅ローンが完済されます。

 

◆繰り上げ返済はするべき?
繰り上げ返済を考える時は、住宅ローン控除も同時に考えなくてはいけません。
なぜなら、住宅ローン控除は「住宅ローン残債に対して控除」されるものだからです。
現在住宅ローン控除は13年ありますので、この期間は繰り上げ返済をせずに貯蓄に回します。住宅ローン控除が終わる14年目からは、繰り上げ返済を行い、早めに完済される方が多いようです。
繰り上げ返済は、お客さまのライフプランを考えた上で、無理のない範囲での返済にしてくださいね。

住宅ローンに関しては、お客さまの年齢やお子さまの人数、お考えによって何がベストなのかは変わってくるものです。
弊社では、住宅ローンに精通したアドバイザーが、住宅ローンのご相談も承る「住まいづくりセミナー」を開催しておりますので、ぜひご利用ください。

オンライン対応!住まいづくりセミナーはこちらもチェックしてくださいね。
https://www.nanko-techno.com/co_event/18f8f9cfaffeaaecc84486ffe8206c0b.html

1ページ (全82ページ中)