Policy.3

永く快適に暮らしていただくために

こだわりの工法と優れた技術で安心と安全をご提供します。

 

1.長年の経験から選んだ地震に強い「テクノストラクチャー工法」 

大切な家族を地震や災害から守る、
自由設計の住まい

木の家に鉄の強さをプラス

構造体の要となる梁(はり)を木と鉄の「テクノビーム」で強化し、住まいの耐震性を高めています。

 

木と鉄骨のハイブリット梁「テクノビーム」 

パナソニックが開発したテクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。

接合部も金具で強化し、無垢の柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱でさらに耐震性を高めています。

 

1邸ごとに実施「構造計算」 

テクノストラクチャーは、一棟一棟ごとの構造計算(災害シミュレーション)を設計段階で行い、8段階388項目に及び厳しい強度チェックをすべてクリアした住宅だけが建設されるシステムを採用。

一般的な木造二階建てにはない、テクノストラクチャーだけの特典です。

 

強さを立証する「実大振動実験」

テクノストラクチャーの構造仕様は、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを5度にわたって加える実験もクリアしています。
激震に耐えうる強い構造強度が立証されています。

 

丈夫で長持ち「構造部材強化」 

テクノビームをはじめ、接合部、壁、床、基礎はもちろん、釘一本の細かな部材まで仕様を規定して確かな強度を追求しています。
ひとつひとつの部材や金物が、高品質で安定した構造性能をつくりだし、構造強度を裏付けています。

現場レポートはこちら

 

テクノストラクチャー工法の良さ 

画像

開放的な大空間を
実現する構造

 メーターモジュール設計で驚くほどの開放的な大空間の実現が可能です。 

 

デザインの幅広さで
”らしさ”を演出

 大きな窓や、ワイドバルコニーなど、家族の様々なプライベート空間をつくることができます。

 

画像

将来の事を考えた
可変対応も

 建築後にフリーウォール(間仕切り壁)を設置できるので将来のライフスタイルの変化も安心。

 

フォトギャラリーはこちら

 

2.熟練職人の目と腕が光る「木造枠組工法」

南光は創業以来木造建築にこだわってきました。気候や風土に合う伝統の工法として、長い年月をかけて改良され、今でも進化し続けています。
また、地震や台風にも強く、建てた後でも増改築しやすい特徴があり、構造材が豊富にあるので、予算に柔軟に対応できます。

 

地域密着で豊富な施工実績を持つ南光の専属大工による丁寧な施工で強靭な躯体を実現します。

松・杉・檜・集成材など木材の目利きから南光自慢の熟練職人が担い、それぞれの特徴をうまく組み合わせて建築することで、機械的な数値では測りきれない強靭な躯体を実現します。

大工さんの紹介はこちら

 

 

ページトップへ