テクノストラクチャーとは…

テクノストラクチャーとは…

パナソニックが開発した
「木+鉄で建てる、第三の工法。」

木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算耐震実験など、最先端の技術を導入したパナソニック独自の新工法です。

 

テクノストラクチャーとは・・・


 

テクノビーム

テクノビームは木+鉄の複合梁です。
「軽量H型鋼を芯材に上下を木(集成材)で挟んだサンドイッチ構造」となっています。

木には、生育してきた縦方向には強く、横向きには弱いといった特性があります。テクノビームはこの特性を生かし、縦方向の力にすぐれた強度を発揮する木材は「柱」として、曲げやたわみに対して強い鉄骨は「梁」(テクノビーム)に採用されています。
構造体にかかる様々な外力に耐えうる適材適所の材料選定により、木の家の弱点を強化した工法です。

 

テクノビーム


 

地震や台風に強い!

パナソニックのテクノストラクチャーが地震に強いと言える一番のポイントは「構造計算」です。

「家の強さ=部材の強さ」ではありません。地震や台風など外部から加わる様々な力に対応するには全体のバランスが必要です。一般的に、在来木造住宅には義務付けられていない構造計算を、テクノストラクチャーでは一棟一棟すべての住宅で実施します。

お客様のお家は間取りや環境がそれぞれ異なります。よって、すべての住まいで構造計算を行い、388項目におよぶ緻密なチェックをクリアしているからこそ地震や台風に強いのです。

 

地震や台風に強い!

○テクノストラクチャー工法のお家を見学したい方はこちら

○もっと詳しく知りたい方へ

メーカーリンク先:パナソニック アーキスケルトンデザイン株式会社

 

「南光の住まいづくり」について

ページトップへ